ブラウザとは

ブラウザにも種類がありますが一般的にはWebブラウザのことを指します。Webサイト自体はHTMLやPHPといったプログラム言語で記載されていて、そのまま見た場合、文字列の羅列で非常に読みづらいのですが、このプラグラム言語を人が見やすいようにレイアウトや色、図をプログラムの指定通りに読みこんで表示してくれるのがブラウザです。パソコン以外でも、タブレットやスマートフォンにもブラウザが搭載されていて、Webサイトを閲覧する場合に使用しています。

Microsoft社のInternetExplorerと呼ばれるブラウザがありますが、Windowsの標準ブラウザであり、殆どの人がそのまま使っていたことやWindowsの高いシェアもあり、ずっと最もメジャーでシェアの高いブラウザでした。その他にもMozillaのオープンソース系ブラウザFirefoxi、macユーザーにお馴染みのSafari、Operaといったブラウザがありましたが、InternetExplorerの高いシェアは変わりませんでした。

この高いシェアを崩したのがGoogleのChromeというブラウザでした。AndroidOSのタブレットやスマートフォンの標準ブラウザであり、PC版とブックマークなどをアカウントで同期させることができる利便性、動作が軽快であることから人気に火がつき、世界規模では InternetExplorerやFirefoxを抑えトップシェアを誇っています。また、InternetExplorer以外のブラウザを使うという発想自体持っていなかった人には、初めてブラウザを変えるきっかけともなりました。

推奨ブラウザはChrome

FAST LISTでも病院の管理者様にはブラウザを使用して予約システムを操作していただきますが、もし可能であればGoogleChromeのご利用を推奨致しております。その他のブラウザでも動作致しますが、Chromeとの相性がよく、動作が軽快なため推奨させて頂きます。Googleが無料配布しておりますので、初めてお使いの方はインストールしていただきご利用をお試しになってみてください。

まずは2週間ご試用ください デモページへ トップページへ