病院の定義

日本では、すべての診療施設を広い意味で指す言葉として「病院」という言葉が使用されており、総合病院や大学病院、国立病院といった大規模な医療施設を指す言葉としても使用する一方で、個人病院や○○先生病院など小規模医療施設のことも病院と呼ぶと思います。

ですが、病院にもクリニックや診療所と同じように制度上の定義が存在します。それは入院できる患者さんの人数が20人以上であることです。つまり、入院可能な患者数が19人以下と定義されていた診療所・クリニックが小規模な診療施設の定義であることと反対に、それ以外の大規模な診療施設のことを病院と定義してあり、病院とは広く診療施設を指すのではなく、診療施設の中の一つの分類の名称であるということです。

FAST LISTは病院よりもクリニックに向いています

FAST LISTでも広く広まっている病院という言葉を利用して、小規模病院向けの予約システムですなどと記載させていただいておりますが、正確な定義から申し上げると小規模病院向けではなく、クリニック・診療所向けの予約システムであると記載するのが正しいということになります。

では、20人以上の入院が可能な規模の病院様がFAST LISTの利用を検討していただいた場合ですが、FAST LISTは、一つの受付で順番に患者さんを受け付けていく場合にご利用いただける予約システムで、例えば医師様は二人(診察室が2つ)ある場合でも、ひとつの受付で患者様を受付し、順番に診察室に振り分けていく場合にはご利用いただけます。ただし、例えば複数の診療科目を診察されている病院様で、患者様がそれぞれの診察科目ごとにお並びの場合には、FAST LISTは一つの順番を作成する予約システムのためご利用いただくことができず、ご利用いただくには診療科目の数だけFAST LISTをご契約いただく必要がございます。ご相談いただければ、病院様ごとにご案内させていただきますし、複数契約が必要となる場合には、2契約目以降は大幅な割引価格をご用意いたしておりますので、まずはお問い合わせいただければと存じます。

まずは2週間ご試用ください デモページへ トップページへ