QRコードとは

クイックレスポンス(Quick Response)の頭文字をとってQRコードと呼ばれています。レジで読み取る縦棒が横に並んだバーコードとは異なり、正方形に近い形で構成されている点が特徴で、バーコードよりも多くの情報を保存することができます。URLや商品情報を保存したり、名刺に載せてアドレス帳に登録させたり、空メールを送信したりと様々な利用方法が可能です。

※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

QRコードを利用する

QRコードの最もメジャーな利用方法として、URL情報を詰め込んだQRコードを用意し、利用者に携帯電話(スマートフォンやフィーチャーフォン)のカメラで読み取ってもらうことで、瞬時に該当URLにアクセスすることがしてもらえることが挙げられます。

通常であればアクセスするURLを1文字ずつ入力することは、特に携帯電話においては大変な手間となる作業ですが、カメラでQRコードを撮影するだけでその手間を省略できる利便性により、QRコードは世界中の携帯電話利用者から認知され利用されています。

FAST LISTをお申し込みいただいた方には、予約システムの患者様用予約画面のURL情報を保存したQRコードを差し上げていますので、患者様への予約案内パンフレットや、病院のホームページに掲載していただき、携帯電話を利用される患者様が予約ページにアクセスしやすくなるようQRコードをご利用下さい。

まずは2週間ご試用ください デモページへ トップページへ