時間になってもご予約患者様が来院されない場合は?
まずは当該患者様の「時間切れ」ボタンを押してください。患者様の状態が「時間切れ」となり、一目で判別しやすくなります。同時に「最後尾へ」や「3つ後ろへ」ボタンが利用できるようになりますので、遅刻患者様の順番を下げて順番待ちリストの先頭から移動してください。(どちらのボタンを押してもお名前に(↓)がマークされます。)
遅刻患者様に対して厳しく対処される場合は「最後尾へ」を、そうでない場合は「3つ後ろへ」で順番を下げながらお待ちして、来院されないようであれば「最後尾へ」という使い方もできます。
遅刻患者様を順番待ちリストの先頭に残し続けた場合、その間はずっとリスト2番目の患者様を診察室へとお呼びする形になりますので、後ろにお並びの患者様にはご自身の順番が遅れて表示され順番に遅れてしまうことにも繋がってしまいます。しばらく待っても来院されない場合は順番待ちリストの先頭から移動してください。
尚、「3つ後ろへ」の「3つ」はお好きな設定に変更することができます。推奨の設定と致しましては、来院目安(=「あと何人」となったときに来院していただくか)と同じ数値に設定していただくことで、遅刻患者様を来院目安ラインの外へと移動し、それにより来院目安ライン内となる患者様に来院を促すことができます。
ご質問が解決しない場合はお問い合わせください

お問い合わせ

まずは2週間ご試用ください デモページへ トップページへ